白髪予防

ゴマ1粒に含まれるセサミンの量は?

ごまというのは、昔から非常に身体に良い食べ物と言われてきていますが、脂質が多く高カロリーということがネックとなります。
高カロリーでも健康効果がとっても高いと言われているその理由は、セサミンと呼ばれる希少価値がある成分がごまに含まれているからなのです。
さらに、ごまには「セサミノール」「セサモリン」「セサモール」といった栄養成分も含まれているのですが、これら成分は全てセサミンとほぼ同じ効果と効能を期待することが出来ます。

さて紫外線や運動、ストレス、タバコなどといったものが原因となって活性酸素が大量に蓄積されてしまうことがあります。
これによって、身体中の細胞が酸化してしまい、まず最初にシミやシワなどといった形でお肌に現れてきます。
そこで抗酸化作用を持っているセサミンを摂取することによって、活性酸素による細胞の老化を抑制することが出来ることから、高いアンチエイジング効果を期待することが出来るのです。

セサミンというのは非常に優れている抗酸化作用を持っている成分となりますので、しわやたるみなどといった年齢肌の悩みを効果的に解消し、そして若々しい外見を取り戻すことが出来るのです。
このことからセサミンというのは美容効果に関心の高い女性の間で大きな注目を集めているのです。
しかしごま全体では、セサミンが1%程度しか含まれていないのです。

そもそも1日にセサミンが必要な摂取量というのは10rと言われています。
この分を毎日ごまをつかって摂取することになると、なんと3000粒も食べる必要があるのです。
確かにゴマはセサミンを含む食材として非常に有名な存在なのですが、このようにその量は少ないのです。
もともとゴマというのは小さな食材ですので、当たり前と言えば当たり前なのですが、ゴマだけで効果的なセサミンを摂取することは難しいのです。
そこで今ではセサミンを多く含んだサプリメントが発売されており、効率的に必要分を摂取することが出来るのです。

Copyright(C) 2013 ゴマの力で健康維持する All Rights Reserved.