白髪予防

ゴマペプチドとセサミンの違い

最近では、テレビCMや有名雑誌などといった各メディアで話題となっており、健康に良いという情報がすっかりと定着をしている「セサミン」。
それではそんなセサミンというのは一体どのような成分なのでしょうか?そもそもセサミンのことをゴマ由来であることは広く知られていて有名です。
しかし残念ながらゴマ一粒に対して、セサミンが含まれている量は僅か1%未満しか無いのです。

このことからセサミンというのは、大変貴重な栄養素となっており、そして日常の食事から効率よく摂取することは正直困難な栄養素でもあります。
それではそのような貴重とも言えるセサミンにはどんな効果や効能があるのか気になります。
セサミンは具体的に、ゴマに含まれる「ゴマリグナン」の一種となりますが、その主となる効能としましては、やはり強い抗酸化作用なのではないでしょうか?ゴマオリゴペプチドというのは、血液をサラサラにしてくれる効果があり、高血圧を改善してくれますが、このような症状で悩みを抱えている方の中には、ゴマオリゴペプチドが使われているサプリメントを使っている方も多くいるようです。

このペプチドという言葉については、ゴマ以外でも耳にしたり見たことがあるかと思います。
コラーゲンペプチド、サーディンペプチドなどといったものが存在していますが、そもそもこのペプチドとは、簡単に言いますとアミノ酸が結合されたものなのです。
そして生理作用を正常にする作用があるとも言われており、今ではいろいろなサプリメントに使われていますが、ゴマオリゴペプチドの場合は、ペプチドの粒子が他の成分よりも細くなっているために、その分吸収率が高くなっているのです。
血圧の薬というのは、一度飲み始めたらずっと継続して飲まなければいけない場合が多くなっていますので、出来ることなら薬よりもサプリメントを使って身体に負担をかけることなく改善していった方が良いのではないでしょうか?

Copyright(C) 2013 ゴマの力で健康維持する All Rights Reserved.