白髪予防

ゴマ酢とセサミンのサプリメントの違い

最近男性女性問わずに注目されている、ゴマ由来の成分であるセサミンなのですが、その効能と言いますと、やはり強い抗酸化作用の働きによって、非常に多岐に渡ります。
そして今では薬品と似たような効果まで期待することが出来るとまで言われているのです。
このセサミンというのは、日本ではサントリーが研究をしている時に、ゴマ酢から分離されたことを発見し、その分離された成分に着目したことによって産み出された栄養成分として知られています。

それでは、そんなゴマ酢とセサミンというのは、一体何が違うのでしょうか?
これらどちらに関しても同じだと言える要素をしましては、当然ゴマ由来だということになります。
ゴマ酢というのは、ゴマの種子から抽出したものであり、これを焙煎することによって作られた食材となります。

セサミンというのは、ゴマに含まれている成分となりますが、ゴマ酢の中には特に多く含まれているのです。
ゴマ酢が一般的な酢と比較をして酸化しにくくなっているのは、このセサミンが持っている強い抗酸化作用の力となります。
そのことから酸化し辛いものだと言われているのです。

そもそもゴマ酢というのは、健康に良いと言われています。
確かにゴマ酢の油分というのは不飽和脂肪酸となっていますので、体に良い脂肪酸なのですが、セサミンの持つ様々な効能をゴマ酢から摂取する場合には、油分を多く摂り過ぎてしまうために、体に多少なりとも悪影響を与えてしまうことになります。
セサミン単体でしたら、脂質は取り除かれていますので、カロリーを一切気にすることなく、効率的に豊富なセサミンを摂取することが出来るのです。

そこで是非ともオススメをしたいのが、セサミンが配合されているサプリメントとなります。
そもそも一日に必要なセサミンの量を普段の食生活から摂取するとなると非常に困難なことであり、またカロリーオーバーにもなります。
しかしサプリメントでしたらカロリーを気にすることなく豊富なセサミンを摂取することが出来るのです。

Copyright(C) 2013 ゴマの力で健康維持する All Rights Reserved.