白髪予防

二日酔いにセサミンは効く?

セサミンの持つ効果として、「抗酸化作用」「アンチエイジング効果」「コレステロール低下」などといったものがよく知られる代表的なものとなりますが、実は二日酔いにも大きな効果を期待することが出来るのです。
その理由は、セサミンが肝臓に対してしっかりと届き、有効的に働きかけることの出来る力を持っているからです。
そもそも飲酒をした翌日に引き起こすことのある辛い二日酔いの原因というのは、アセトアルデヒドと呼ばれる成分が滞留することによって起こります。

アルコールを摂取することで、体内を巡り、最終的には肝臓にたどり着きます。
この肝臓にて水と二酸化炭素に分解をすることになりますが、その過程において発生することになるのがアセトアルデヒドという「有害成分」なのです。
適量でしたら、この段階でアセトアルデヒドはきちんと分解され、体外へ排出されることになりますので二日酔いの症状を引き起こしてしまうことはありません。

しかし、肝臓の機能を上回ってしまいほどの量のアルコールを飲んでしまいますと、アセトアルデヒドというのは分解をすることが出来なくなってしまい、そのまま体内に残留することになるため、頭痛や吐き気などといった様々な二日酔いの症状が出てくるのです。
ここでオススメしたいのがセサミンとなります。
セサミンを摂取することで抗酸化作用を持っている成分の中では珍しく肝臓まできちんと届くために、直接肝臓に対して働きかけることが出来ます。

そして肝機能を向上させ、体内に入ってきたアルコールの分解を促進してくれるのです。
実際にあるデータによりますと、セサミンを摂取した場合に、お酒を飲み終わってからすぐ血中に含まれているアルコール濃度が低下してきたようです。
しかし、逆にセサミンを摂取していない被験者は、飲み終えてから約1時間、ほぼ血中のアルコール濃度が減っていないという結果が出ました。
このようにセサミンが二日酔いに効果があるのはデータでも実証されているのです。

Copyright(C) 2013 ゴマの力で健康維持する All Rights Reserved.