白髪予防

授乳中にセサミンのサプリを摂取して赤ちゃんに影響がないか

最近では、普通に妊娠中だったとしてもサプリメントを摂取して栄養補給をすることが一般化されてきています。
しかし残念ながら多くのサプリメントというのは、「妊娠中や授乳中の服用は避けて下さい」「医師へ相談をしてから飲むようにしてください」などといった注意書きが記述されています。
どんなに体に良い成分が含まれていると言いましても、妊娠中や授乳中にサプリメントを飲むというのは、あまりオススメすることが出来ないということになります。

それでは、女性ホルモンと同じような働きや、抗酸化作用が期待出来るセサミンでしたら良いのでしょうか?
セサミンというのは、ゴマの天然由来成分を原料をしていますので、妊婦や授乳中はもちろん、幼児が飲んでも大丈夫です。
医師の判断によって、妊娠中にセサミンは含まれているサプリメントを推奨する医師もいますし、これまで妊娠中や授乳中にセサミンを摂取していて何かしらのトラブルに発展してしまったという報告は一切ありませんのでご安心ください。

しかし、やはり妊娠中に関しては、体が敏感になっていますし、体質が多少変化してしまうこともあります。
例えばこれまで無かったアレルギーが急に生じてしまったり、蕁麻疹などを引き起こしやすい反応が生まれてしまこともあります。
このことから、普段摂取していないような成分を急に摂取してしまうことによって、体が不要なものだと判断し、アレルギー反応を起こしてしまうのです。

またこれらの反応を引き起こすことが無かったとしても「健康に良いから」という理由で偏った栄養補給をしてしまいますと、お腹の赤ちゃんが食物アレルギーとなってしまうこともありますので注意が必要です。
セサミンというのは、元々ゴマに含まれる成分ですので、過剰に避けるようなことは必要ありませんが、妊娠中や授乳中などは、やはり医師に相談をした方が良いかもしれません。
ここではハッキリと「問題無いと断言出来ます」とは言えません。

Copyright(C) 2013 ゴマの力で健康維持する All Rights Reserved.